浄土真宗の法要・お参り全てに言えることですが、浄土真宗のお参りは阿弥陀如来様が「いつでも・どこでも・誰でも」救うはたらきを届けてくださったその御恩に報謝する思いで勤める意味阿弥陀如来様の教え・お救いに出遇う意味があります。阿弥陀如来様の教えは、お救いはいつでも・どこでも・誰にでも届けられているものですが、日々忙しく暮らしている私たちはありがたい教えのことをつい忘れてしまったり、気付けないことが多いのです。

 教えに出遇うご縁は様々ですが【法事】や【お葬儀】は亡き方のご縁やご先祖さまのご縁を通して、阿弥陀如来様の教えに改めて出遇わせていただく大切な機会です。目には見えませんが、亡き方が仏様となって「どうか迷わずに人生を歩んで、すくわれる教えに出遇ってほしい」というメッセージを届けてくださっていると受け止めることもできるでしょう。

 いつかは誰もがお別れの時を迎えますが、悲しいだけで終わらせるのではなく、「またね」と言えるような心温まるお時間を、法事を通して過ごしていただきたいと思います。

法事の予約・準備
法事の予約は2ヶ月前までにお願いします。 その際には下記のことをお伝えください。
・戸主(お寺に登録しているお名前)
・回忌にあたる方のお名前    
・何回忌に当たるか       
・日時、場所、人数、会食の有無 
※法事の予約が先に入っている場合はご希望に添えないことがございます。 ご了承ください。
準備するもの
お花、お供え物 (お菓子、果物、 お餅)、お布施、会場使用料
お供え例.png
こちらの写真はお供えの一例です。 お供物は準備できる範囲で構いません
お寺の会場使用料

法事の場合…会館1F 10,000円

      会館2F 5,000円

      本堂 10,000円


 
当日の流れ
①会場にお越しください。30分前を目処に来てください。
⬇︎
②お時間になりましたら、僧侶が参りお勤めを始めます。(約30分)
⬇︎
③お勤めが終わりましたら、その場で結構ですので僧侶に
お布施と会場使用料を一緒にお供え(お渡し)ください。
(会食がある場合はこの後会食。着替えた後に僧侶も向かいます。)
⬇︎
④簡単な片付けを行い、忘れ物がないかご確認ください。
⬇︎
終 了

法事を行う回忌

1周忌 3回忌 7回忌 13回忌

17回忌 25回忌 33回忌 50回忌

ー23回忌、27回忌は致しませんー

※何年が回忌にあたるかは年始号の寺報に回忌表がございますので、そちらをご覧ください。